商品 / 真鍮のホットシューカバー 鎚目仕上げ

hot_hammer.jpg

 

 

真鍮削り出してつくったホットシューカバーの鎚目仕上げです。

職人に1つ1つ金鎚で鎚目を付けてもらい、光が当たった時に浮かび上がる模様がとても美しくなっています。

クリア塗装などを施さない素地の真鍮なので使っていくうちに色味が変わってきますが、鎚目の凹凸があるのでより表情が浮き出てきます。

接点が剥き出しになっているカメラに取り付けて、ホコリや傷を防ぐことができ、金具とフラットに収まるようになっていますので、服に金具が引っかかることなくお使いいただけます。

 

 

【ご注意】

Sony・ミノルタなど、特殊な形状のホットシューには、うまく収まらない場合がございます。また、Canonなどホットシュー金具の内部にスイッチがある機種については、ホットシューカバーを取り付けると本体のフラッシュが起動しなくなる場合がありますので、ご注意ください。

LeicaのM3やM4においては、金具との間に隙間が出ますが、問題なくご使用いただけます。またLeica M10とM10-Pでは、ホットシューサイズが変更されたため、挿入はできますが、少しはみ出る状態となります。フィルム機MPやM-Aでは、サイズが異なるため使用不可となっておりますのでご注意ください。

本商品は、JIS規格に合わせたサイズで製作しておりますが、本体との誤差によって取り付けが緩い場合がございます。その場合は、付属品のスペーサーシールを貼って、厚みを調整してください。

 

 

『真鍮のホットシューカバー 鎚目仕上げ』 Brass Hot Shoe Cover Hammer Tone

大きさ/ w18.3×d 18.0×d3 mm

素材/真鍮

仕上げ/素地、鎚目仕上げ

つくり手/渡辺製作所、池田晴美

付属品/スペーサー

※メーカーによってはサイズが合わない機種がございます

価格表

左のPDFアイコンからダウンロードお願いいたします。